2021年7月21日、中国の高速鉄道計画は、中国国内では比較的順調に伸びており評価も高まっているが、海外への高速鉄道輸出プロジェクトは、惨憺たる状況で胸を張って誇れるプロジェクトは皆無。

 中国はダイナミックな建設手法が得意で、環境に配慮する視点は低い。水質汚染、大気汚染、洪水などが起き、ジャカルタの南に位置するボゴール郊外の地域では「自宅の壁に亀裂が生じた」ため訴訟騒ぎが起きている。

 相手国の状況もあるため、全て中国に一方的に非があるわけではないが、インドネシアの状況だけは中国に大きな悪気がある。インドネシア鉄道関係者には「中国に騙された」と嘆くスタッフが多い。この悲しい状況になっているのは、高速鉄道計画(ジャカルタバンドン間・約140Km、当初計画2019年開業予定)だ。現在の進捗状況から早くても開通するのは2024年と見られている。再選を目指すジョコ大統領の実績として、選挙対策のPRにしようとの目論見は崩れ去った。

 ほぼ、日本の新幹線方式での導入が確実視されていた中、中国の「財政負担ゼロ」という誘惑に騙されてしまったからだ。しかも、中国が提出した調査資料は日本企業の資料を、ほぼ丸写ししたものだった。インドネシアの悪い役人が、情報を中国に渡したのが原因だと言われている。完成しても採算がとれるようになるのは、かなり厳しいスキームだ。中国は採算を度外視して、世界へのPR用実績作りではと、インドネシア当局も理解していたが「有言実行」が度々無視されることが多く、インドネシア側は困惑の連続だ。

 ジョコ大統領は、中国の怖さや、したたかさについて無知すぎた。円借款を利用する日本の新幹線方式の導入のオファーを蹴って、ずさんな中国の罠に嵌められてしまった。開通まで辿り着けるかどうか、まだまだ不透明で、完成すれば中国初の高速鉄道輸出プログラム成功事例となる。(2018年7月21日 13時30分配信記事を更新しました)

中国高速鉄道イメージ


(出典 news.nicovideo.jp)

安かろう悪かろう。結局高くみたいだね。しゃーないわ。自分たちの選択だから。

<このニュースへのネットの反応>

2024年になったら更に延長されてますよ、日本に助け求めるな裏切者と詐欺師ども


下手したら開通しないんじゃない?上手い話には裏があるのよ。


只より高いものはないってね


どうせインドネシア側も完成させる気なんかハナから無い日本政府には二度とインドネシアの鉄道事業には関わらないで欲しい全部中国に情報が筒抜けだからな


そうですか、まあ日本にはもう関係無い事ですので、今更被害者ヅラされても知りませんよ。


中国に関わったら高過ぎる授業料? だと思って、アキラメロン。日本に助け求めないでくださいね。中国高速鉄道で伸ばしてる記録は、負債総額だけだから。日本円に換算して1日50億円、4月時点で90兆円以上の赤字


まぁゆっくりやろうぜ


中国はリニアにステージ移行してるらしく、これも中国からしたら失敗扱いだろうよ


日本式で決定したジャワ島横断鉄道高速化計画の方にインドネシア側が中国を参加させろと今年に入ってから言いだしてるらしい。どうせまた賄賂貰ったんだろうけどほんといい加減にしろよあのバカ共。


したたかさ・・卑劣さの方が正しいような


また工事横取りしようとしてるのか インドネシアもインドネシアだが、まぁシナが嫌われるのはこういうとこだぞと


日本に助けを求めるなら、新規受注扱いで。


インドネシアには相当数の華僑がいると思うのだが、現地の人は経験ないのかね。中国人との商取引がどのような結末を迎えるのか。


ベトナムの方が先に完成しちゃったりしてな


安物買いの銭失い。中国の「出来る。」は嘘だという絵に描いたような見本。


どうせ手抜き工事だらけで、完成したと思ったら崩落とかあり得るが、それでも日本に頼るなよな。中国が作った線路なんて使える訳がない。中国が作った列車なんて数年でダメになる。それ全部承知の上で中国取ったんだろ?錆びだらけの線路とガタガタの列車で「高速鉄道ってなんだっけ」って思いながら鉄道に乗るといいよ。


だから何?としか。卑劣な真似したツケだし、僅かの同情も湧かんわ


海外で中国鉄道の成功した所はあったか?