梅雨があけたかと思ったら、いきなりの真夏日だ。連日の暑さに、早くも夏バテ気味の人もいることだろう。

そんな中、2021年7月20日、次のような写真がツイッターに投稿され、いま話題となっている。

那須の長楽寺(@nasu_chourakuji)さんのツイートより

一風変わったろうそくだ。根元からぐんにゃり曲がってしまっている。

「ろうそく君も暑い夏」というコメントが添えられているが、暑さで溶けてしまったのだろうか?

栃木県の寺院「長楽寺」がツイッターアカウント(@nasu_chourakuji)に投稿したツイートには、11万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(7月20日夕現在)。

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「ロウソクも熱中症
「ダレるろうそくって初めて見ました」
「気温でういろうみたいになったのですか」
「こんなにヤル気のない蝋燭、初めて見た!!」
気持ちいいらい。やる気ナシ!」
「ろうそく君、しっかり〜」

いったいどういう状況だったのだろう?

Jタウンネット記者は、長楽寺に電話で聞いた。

「こんなことは初めてだ」と住職驚いた

那須の長楽寺(@nasu_chourakuji)さんのツイートより

長楽寺は、栃木県那須郡那須町にある真言宗智山派の小さなお寺だ。

同寺のウェブサイトによると、寺堂ごとに歌を献じた巡拝記「下野・陸奥百観音巡礼記」にも記された観音霊場の一つだという。

Jタウンネット記者の取材に答えてくれたのは、長楽寺住職・鈴木祥蔵さんの妻・繭子さんだった。

ツイートしたろうそくは、御本尊様のろうそくではなくて、お位牌堂のろうそくでした。
御本尊様のろうそくは普通より太いものを使用しておりますが、お位牌堂のろうそくは一般用のやや細めのものです。
それにしてもこんなことは初めてだと、住職は驚いたと申しております。
お位牌堂は西陽が射し込むため、前日の熱気がこもっていたのではないかと推測しております。気温計を置いているわけではないので、正確な室温は分かりませんが......」

記者がネットで調べたところ、栃木県那須町はここ数日、最高気温30度を超え、7月19日には33度を記録したようだ。

33度近い夏日には、ろうそくも気を付けた方が良いようだ。人間はもちろん、言うまでもない。

あまりの暑さにローソクもぐんにょり... 「こんなにヤル気のないヤツ、初めて見た」


(出典 news.nicovideo.jp)

厚い厚い。毎日暑い。わかるー!何にもやる気なくなるよね。

<このニュースへのネットの反応>

ローソクとローソンを空目した。


がんばれ。


仕入先か蝋燭の成分変えたろ


あん? だら*ぇな(♂)


室内だと珍しいが、夏の墓場にはいっぱいいるぞ。直射日光と墓石の蓄熱でやばいことになってるから


お寺さんの仏具って金属製だから余計熱がね…


お盆でロウソク挿しっぱなしで帰っただらしない家の墓でよく見る奴


30度を超えたらロウソクってこうなるのか…


蝋だけに気分はlowって事か


変形した程度なら見たことあったけどここまで綺麗に曲がってるのは始めて見たなあ


屋外なら日光と突風にあおられてぐねってるの見たことあるが、室内でコレはヤバイ暑さだな・・・


これはおもろいw


蝋燭も頭を垂れる暑さかな…


毎年夏はこんなもんだよ、ろうそくは頭を垂れるもの


これの恐ろしい所は火がついてた場合火災の恐れがある事だ…


10年ちょい前からはよくある光景