カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 ゴールデンレトリバーのお気に入りの大きなベッドの上には2匹の子猫が仲良くくつろいでいた。例え今、使っていなくてもそれは自分のベッドだ。

 誰かが使っていると自分も使いたくなるってあるよね。ゴールデンレトリバーもそうだった。そこでベッドを取り返すべく、あの手この手で猫たちをベッドから追い出そうとする。

 力任せというわけではなく、あくまでも平和にベッドを取り戻そうとするのだが、その仕草があまりにもかわいらしくて、いじらしいのだ。

【画像】 猫にベッドを寝取られた!犬の平和的奪還作戦

Golden Retriever Shocked by a Kittens occupying his bed!

 スペイン南部コスタ・デル・ソルに住む、ゴールデン・レトリバーのオス、3歳のベイリーは、散歩から帰ってくると、自分のベッドで2匹の子猫がくつろいでいるところを目撃する。

 自分のベッドを奪われたベイリーは悲しかった。そしてなんとか取り戻したかった。とは言え力づくで子猫たちを追い出すことはしたくない。

 そこでさりげなく自分もベッドの上に座ってみたが、猫たちはどく気配がない。

11

 今度は体を使って押し出そうとするが、猫たちはやはり動じない。

 ベイリーはとてもやさしい性格だが、諦めない心も持っている。何度も何度でも、平和的に猫たちに出て行ってもらうよううながした。

 ベイリーは、ベッドの端っこを角度を変えながら引っ張ってみたが、この作戦も失敗に終わったようだ。

4

 そのうち子猫たちはベッドの上でじゃれはじめ、そこに加わったベイリーは猫たちにじゃれつき、1匹の子猫を追い出すことに成功。

00

 残った猫をかまっていたら、落ち着いてきたようでもうベッドを取り返す目的はどこかへいってしまったようだ。

 猫たちからベッドを取り返したいが傷つけたくはない。そんなベイリーのひかえめな奪還作戦は成功したのか失敗したのかわからないけれど、見ている人間をやさしい気持ちにさせてくれる。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

そこはあかーん!2匹の子猫にベッドを取られたゴールデンレトリバーのひかえめな自己主張がかわよ


(出典 news.nicovideo.jp)

可愛いし、癒されほっこり。

<このニュースへのネットの反応>

優しいなあ…


猫も遊んでもらうためにあそこにいるのかも


下敷きになってるだけで二匹残ってるやんw


しつけが悪いな。撮影なんかしていないで猫を自分の別途なりケージなりに移動させるべき