筋肉・二の腕

大量の注入物で、ポパイのような二の腕にした男が、それを取り除かなければ命にかかわると警告された。『Daily Star』など海外メディアが報じている。


■スーパーマンに憧れ

ロシア・ピチャゴリスクに住む元軍人のキリル・テレシンさん(25)は数年前、スーパーマンの風貌に憧れ、3リットルものワセリンを腕に注入。結果、コミックアニメキャラクターポパイのように、隆起した腕を手に入れた。

そして現在、この無謀な行為の代償として自分の腕を失うか、最悪命まで失ってしまうかもしれない危険性に脅かされている。すでに上腕三頭筋の注入物は除去したが、上腕二頭筋にある巨大で危険な注入物を取り除く3回目の手術に、モスクワで臨むことになるという。


■命の危険とコロナ禍

手術を担当するドミトリー・メルニコフ医師は、「手術による合併症のリスクは非常に高いです。しかし、有毒物質を体内に長く留めると、腎臓を悪化させ死につながる可能性もあります」と、キリルさんに率直に告げたという。

新型コロナウイルスの感染拡大により手術は1年近くも延期されているが、近々行われる手術では、左腕に注入され硬化したワセリンが取り除かれる予定だ。


■「若気の至り」の極み

この安くて粗悪な注入物は、キリルさんを高熱と強い痛みで苦しめており、「今のところ自分の免疫システムが炎症と闘ってくれていますが、次何が起きるのか予想もつきません」と不安をのぞかせた。

続けて「20歳の時にしてしまった愚行です。後先のことなんて考えていませんでした」と嘆き、後悔を語っている。

一度しかない人生、一つしかない体に何をするのか決めるのは自分だが、体の中に入れるものについては、方法や安全性を含め医師の指示のもと行うほうが、後悔は少ないのかもしれない。

ワセリンで作った「ポパイの腕」を持つ男 命を懸けて除去手術に臨む事態に


(出典 news.nicovideo.jp)

扇風機おばさんを思いだす

<このニュースへのネットの反応>

ポパイはね、上腕二頭筋よりも一頭筋のほうが大きいっていうヤベーデザインなんだよね。実際、あんなんだったら肘の所の負担が、っていうか、絶対折れるよ。


ポパイかっけーまではまあわかるが、トレーニングはしたくないし・・・・ワセリン腕に注入しまくったろ!!は訳が分からない・・・・


裏切らない筋肉を裏切った代償


こんなアホの為にコロナが蔓延する中手術しないといけない医者がかわいそう


整形外科っていい加減な処置ばっかで食ってるとこ多いからな、同意書書いただろ?でヤブ施術ゴリ押しするようなクズどもによくかかろうと思うもんだ


シンソール注入するやつもそうだけど、筋肉ではないからカットなどが全く出ずにただただ太くなるだけだし、入れていない部分とのバランスもへんてこになるのに何故やるのか全く分からん。


ポパイになるならワセリン注入ではなくほうれん草を食べるべきだった


扇風機おばさんならぬポパイ兄貴


注入ってことは、注射を所持してたのか普段は何に使ってた?


シンソールにしとけケチんな。整形女と同じぐらい叩かれろ(笑)


筋肉にしてみればそういう異物は間男のようなもん、排除しようとして当然やで。


検索して見てきたが、ホイールオブフォーチュンのスタンド使いよりも醜い腕だったわ。


不謹慎だけどこの人ってリアルで上半身に比べ下半身が貧弱すぎるだろ体型を作っちゃったなのかな?まぁ元軍人だから実際は他の所にもそれなりに筋肉はついてるんだろうけど


本物の筋肉だけが裏切らない


もし*ると世間というものはわりと*なのだろうかと思わされる事がある。


ワセリンで得た偽りの筋肉