みなさまのお悩みに、脳科学者の中野信子さんがお答えする連載「あなたのお悩み、脳が解決できるかも?」。今回は、いま世界中の人々が直面する「ヒトはなぜ戦争をやめられないのか」という難題に、中野さんが脳科学の観点から回答します。

◆ ◆ ◆

Q 「戦争」をするか、「平和」でいるか。損得を考えれば、得なのは後者。ではなぜ、ヒトは戦争をやめられないの?

 これは私たちヒトの一大テーマですね。「平和」のほうがみんなが得をするに決まっている。穀物もエネルギーも安定的に供給され、移動の安全も確保され、今のようにロシアの上空を飛行できないなんてこともない。国境のセキュリティは緩和できるし、出入国も簡単になる──。それなのになぜ?

 この平和を成り立たせているのは、国家間でも個人間でも、利害の異なる者同士が「お互いに相手を信頼(することに)している」という前提です。

「疑う」ことは、「信頼する」よりコストがかかるし、脳に負荷がかかります。もし夫が家に帰ってくるたびに頭の天辺からつま先までセキュリティスキャンしなければいけないとなれば、一緒に住み続けられないですよね。「自分に害意を持たない」と信じることのできる仲間を持つ。それこそが家族でいるメリットです。

 しかし、夫婦どちらかに「自分の利益を優先したい」という思いが生まれることがあります。たとえば、夫が「妻の利益は本来は自分のものである。パワーバランスの現状変更をしたほうが得だ」と考え行動に移したら、妻はまるく収まるならここは従っておこうと当初は思うかもしれません。

 しかしこれが長期にわたると、「自分があまりに損をしている。これは経済的DVだ」と認識し、夫に害意を持つようになる。かくして戦闘状態が始まります。

 夫婦を例に挙げましたが、戦争もまた、どちらかに目先の得を優先させる行動が生じたときに起こると考えられます。

 とはいえ「目先の得=短期的に判断する」仕組みは、人類にとって完全に不要なものでもなく、必要だから備わっているのです。飢饉、水害、地震などの被害を逃れて自らの生命を守るため、「短期的な得」を選ぶ必要がある場合があるからです。

 パンデミックもそうでしょう。新型コロナパンデミックでは、各国が海外からの渡航の受け入れを禁止し、ワクチンの確保に奔走し、自国の得を優先する事態になりました。

 こうした選択の重率の変化は、主として「長期的な視座の欠如」によって起こります。歴史的には「宗教」と「学問」が長期的視座を養う役割を担ってきました。しかし、現在、宗教はその権威を失いつつあり、学問も短期で成果が出ない研究は評価されない社会になってしまいました。

 私が期待しているのは、芸術です。脳科学的には、美とは「利他の実践」といってよいものです。「Aを選択すると自分だけが得をし、Bを選択すると自分は得をしないかもしれないがみんなの得になる」という場合、Aを選べば汚い人、Bを選べば美しい人と言われる。脳には自然にそう判断する仕組みがあるのです。

 芸術は本来、寡占したり、投機的に利用したりするものではなく、互恵関係を長く築いていく美意識を養い、長期的な視座をもたらすものとして発展してきた側面があります。芸術のもたらす視座が脳に構築する新しいパラダイムについての研究に現在、私も取り組んでいます。

Q ゼレンスキー大統領の演説は、なぜ、これほどまでに心を掴むのでしょう? 彼が煽る「愛国心」もまた危険では?

 話の上手な人とは、実は話を聞くのがうまい人です。必ずしも話を聞かなくても、相手が話してほしいと思っていることを察し、話すことができる。最も上手な話し方は、相手の傷を埋めるように話をすることです。

「理不尽な扱いを受けて悔しいね」「あなたが傷を抱えていることを僕だけは知っている。僕も同じ傷を抱えているんだよ」

 ……相手の心の傷を見抜いて、「それを埋めることができるのは僕だけだよ」と語りかける。一歩間違えると女たらしの常套句のようですが、実は人を説得するのにはこの方法が有効なのです。

 演説で人の心を掴むには、大所高所からモノを言うのではなく、感情に訴えるのが効果的です。聞く人の理性よりも情動を揺さぶるのです。ゼレンスキー大統領の技術は見事です。このテクニックは各国の議会における演説で存分に発揮されていました。

 最初のイギリス議会ではハムレットの「生きるべきか、死ぬべきか」、アメリカ議会ではキング牧師の「私には夢がある」。その国の誰もが知るフレーズを使いました。

 日本に向けた演説ではロシアの侵攻を津波にたとえ、「私たちも皆さんと同じように故郷を奪われた」と語り掛け、東日本大震災の被災者と同じ傷を持っていると訴えました。当然、スピーチライターもいるはずで、ご当地演説と揶揄する人もいたようですが、現地の事情、国民感情に寄り添う心を感じさせる内容でした。

 メラビアンの法則という有名な心理学の法則があります。相手の見た目、音声、言語が矛盾している場合、人はどれに最も影響されて判断するかを調べたもので、見た目が55%、声の大きさや話すスピードが38%、会話の内容である「言語」はわずか7%でした。

タレント出身大統領メリットデメリット

 国を問わず、歌手やスポーツ選手、俳優が選挙で高い得票率をマークすることがしばしばあります。メラビアンの法則によれば、容姿をはじめとした身体性と心に響く声とを兼ね備えていると大衆の大きな支持を得やすいということになる。

 ゼレンスキー大統領はもともとコメディアンで、テレビドラマ大統領になる教師の役を演じました。日本でも堺雅人さんがドラマ半沢直樹」の終了後すぐに国政選挙に出ていたら、トップ当選していたかもしれませんね。

 ただ、こうした支持の高さは維持が難しいのです。ゼレンスキー大統領の支持率も2019年の就任時は80%あったものの急降下し、ロシア侵攻前はかなり下がっていました。少し時間が経てば、大衆はそれが一時的な熱狂だったかもしれないと疑念を抱きはじめます。

 ロシアからの侵攻を受け、抵抗する姿勢を示した後は再び91%という驚異的支持率になりました。就任時の高支持率も、民衆の側に立つ自らのパブリックイメージを大切にし、旧権力を民衆と自分の仮想敵として見せることに成功したからでしょう。

 一般論として、大衆の心を掴むことを企図するならば、仮想敵を設定し、その敵に対して果敢に立ち向かう自分を演出するのは極めて重要です。実際、世界各国で、首長を選ぶという段になると必ず近隣諸国のいずれかを仮想敵にする傾向があるようです。

 仮想敵に立ち向かうリーダーに魅了された大衆には厄介なところがあります。そのリーダーに懐疑的な人がいると、本質的にはたとえ中立的であったとしても、批判、非難が強まってしまう現象が起こりかねません。裏切り者とさえ言われる可能性も低くないでしょう。

 人は長く過ごした仲間に対する愛着と同様に、長く暮らした土地にも愛着を持ちます。その場所に長くいたということは、そこで生き延びることができたという実績として脳に刻まれ、脳は人をそこに留まらせようとオキシトシンを分泌します。すると人はそこにいるのが心地よくなる。これは「愛国心」の源と考えられます。

 郷土から自分たちを追い出そうとする、あるいは郷土を破壊しようとするものに対して、オキシトシンは抵抗心を起こさせます。その抵抗心は、野生の母熊が子熊を攻撃するものに対して死に物狂いで戦うような激しい攻撃性として現れることもあります。この自然な反応に対して、疑念を抱いたり、客観的過ぎる意見を言ったりしただけでも、この攻撃の対象となってしまうことがあるのです。

 オキシトシンのもたらすものは厄介です。幸せを感じるときに分泌される物質ではありますが、心地よさを時には立ち止まり、冷静に分析する態度も失わずにいたいものです。

◆ ◆ ◆

※全文は発売中の『週刊文春WOMAN vol.14(2022年 夏号)』「特集 戦争入門―戦争に慣れないために」にて掲載。後半では、「この戦争で特徴的なのが、ネットSNSに溢れるフェイク情報や陰謀論。どう見極めれば、自分を守れますか?」「プーチンの独裁が問題視される中、フランスでは右翼のルペンが善戦。実は、ヒトは民主主義が苦手なんですか?」といった問いに回答します。

中野信子さんにあなたのお悩みを相談しませんか?​​
読者の皆様のお悩みを、woman@bunshun.co.jpか(件名を「中野信子人生相談」にしてください)、〒102-8008 千代田区紀尾井町3-23「週刊文春WOMAN」編集部「中野信子の人生相談」係までお寄せください。匿名でもかまいませんが、「年齢・性別・職業・配偶者の有無」をお書き添えください。

textAtsuko Komine

(中野 信子/週刊文春WOMAN 2022夏号)

中野信子さん ©文藝春秋


(出典 news.nicovideo.jp)

いつの時代も学問と教養は必要ってことですね。

<このニュースへのネットの反応>

普通の国は愛国教育をしています。日本だけだよ自虐教育を70年以上も続けてるドMな国はw





以上、愛国を目の敵にし、薄汚い工作に「陰謀論」のフタをする工作記事でした。おつかれさま!


要約すると「ゼレンスキーは愛国心と敵愾心を煽るアジテイターで、国民の燃える戦意は精神作用による気の迷いだから冷静になれ。戦争は良くない」って感じか。道義を頭から消し去った中立気取りが最近多いな


どこから来るってそらぁあんた夢中から来るんだよ。宇宙から来る訳ねぇだろ?国土の奪還や加盟に夢中になったアホに議論が備わらず生まれた戦争にしろ。


愛国はともかく、敵国については教育すべきだろう


見てみろ。改憲に夢中になったアホな非国民を。日本国を愛さずパパ活を愛する=金を愛するアホを纏うパパにしろ。こんな奴等が日本国の未来~なんて愛国掲げて選挙してるんだぜ。その選挙はあら探しに夢中になり陰謀で溢れてみるわ


夢中の二文字~。SNSに夢中なアホが愛自然や愛主義や愛自由に愛平等に愛平和を掲げて。陰謀祭りしてることがどうかしたのかな?行き着く先は霧中の二文字~


今の世界なんて未来に夢中なアホなんだよ。現実伴うことがないのは道理なのさ。ふはは。スーパー簡潔短文だ


未来に夢中なアホを傍らに私は今の経済や政治をショッピング経済やショッピング政治と呼んでいる。安価かつ大量から普遍性が生まれたとき,高価に対して裕福層に課される債務がまるでお金を貧困が裕福から買うかのような真似,裕福は売るかのような真似であったり,そこからアメリカを売るすなわち出ていくことになったりさ!


日本国なら物価目標や賃金目標のために円安を買うわゼロ金利を買うような真似。そんなキミたち*なサル国民は自民を買い,野党を外国に売るかのような哀れな発言をしてみるわ。NATOやEUを買い被りアホな目にあった輩も居たりね~。何に夢中になるかといえばTVの画面にPCの画面にゲームの画面にスマホの画面。そんなものを現実とよぶ哀れなサルだ


本当の愛国心って、たくさん勉強して、たくさん働いて、たくさん税金を納めることだと思う。更に子供を3人以上作って全力で教育すれば完璧。


バナナに夢中になるサルのほうがよっぽど実利で利口に思えるよ。愛国や陰謀を掲げる存在の代表的な特徴は日本語でいう現金な存在によく見受けられます。愛国として定まる因子例えば税や子孫を育むことが当たり前のような現金のような話をしたりね


日本人の思ってる愛国やら愛国心は、余所の国でやっている愛国やら愛国心とは違うんで...としか


キミたちはなにかアメリカ合衆国を勘違いしてないか?アメリカ合衆国は現金な話は嫌いなんだよ。現金を持つこと自体に嫌悪をする結果生まれる実利サービスなどを。勝手にこれはいい買い買い買い漁り現金な話をする*が社会をアホにするはこれまた道理だな。


労働でもしてますね?賃金決定や。労働環境決定。リモート買う買う。企業における現金化。現金は資本とはいいません。資本は実利のことを言います。あなたたち*は実利なんて語ると現金な話で利益を優先してるアメリカファーストなど吠えるが。平等の実利。主義の実利。貿易の実利について語り合えたトランプ政権はアメリカ合衆国をほんのちょっぴり成長してくれましたね。


漫談の御当地ネタが盛り上がるようなものか。


すなわち右派とは利による探究をしながら前進する経済や政治と呼べるんだがな