【保護猫】ごはんはあるだけ食べてしまうし、おもちゃは獲物と思ってしまうし…保護した2匹は生粋の野良猫だった

猫可愛い。きっとそのうちのんびりした甘え上手な家猫になるよね。

NO.9065992
ごはんはあるだけ食べてしまうし、おもちゃは獲物と思ってしまうし…保護した2匹は生粋の野良猫だった
ごはんはあるだけ食べてしまうし、おもちゃは獲物と思ってしまうし…保護した2匹は生粋の野良猫だった
埼玉県に住む村上さんは、のんびり駐車場で日向ぼっこをしている猫に出会った。

まったく悲壮感がなく、「この子は大丈夫、外で生きていける」とその場を離れた。

しかし、半年後、2匹の猫がうずくまっているのを発見。

1匹は、駐車場で見た猫だった。

■外でも生きていける猫、生きていけない猫
埼玉県に住む村上さんが、初めてころくんに出会ったのは2011年11月23日。

近所の駐車場で日向ぼっこをしていて、まだ幼い顔で村上さんを見つめていた。

1匹でいたが、悲痛な感じはしなかったので、外で上手に暮らしていける子だと思ったそうだ。

それから半年後の2012年6月5日。

村上さんは、自宅前の公園でうずくまっている2匹の猫を見つけた。

兄弟なのか、2匹で寄り添うようにしていたが、1匹は半年前に見た猫によく似ていた。

もう1匹は悲壮感のある目で何かを訴えかけているように見えた。

「この子は外の世界では生きていけない!」

…そう直感した村上さんは、急いで折り畳みケージを組み立て、ごはんを入れて呼び寄せてみた。

「おうちに来る?うちの子になるならおいで」と言うと、2匹ともすんなりケージの中に入った。

そんな簡単には捕まらないと思っていたので、ちょっと意外だったという。

■助けを求めてきた猫は必ず助ける
2匹を保護する少し前、村上さんは、傷ついた猫に手を差し伸べることができなかったことがあり、ずっと後悔していた。

「その時、自分の中で猫の神様と約束をしたのです。今後、私に助けを求めてきた猫がいたら必ず助けると。なので、それ以来、外で猫に会ったときは必ず声をかけています」

「元気?ごはん食べられている?痛いところはない?」と尋ねても、何も言わずに立ち去る子、興味なさげにしている子もいる。

そんな子は、きっと上手に生きられる子なんだ、「元気でね」と見送るそうだ。

何かを訴えてくる場合は、「うちに来る気がある?」と聞き、納得した上で保護をしている。

2匹の猫を保護した時の仮名は、ころくんは幼猫特有のコロコロとした印象から「コロスケ」、にじくんは「にゃん次郎」と呼んでいた。

しかし、村上家の猫は、ひらがな2文字の名前と決めていたため、コロスケ→ころくん、にゃんじろう→にじくんとなった。



【日時】2020年12月01日
【ソース】デイリースポーツ
【関連掲示板】








#6 [匿名さん] :2020/12/01 15:05

>>0
ええ人やな、


#1 [匿名さん] :2020/12/01 14:59

猫、かわいい


#9 [匿名さん] :2020/12/01 15:16

ほれ、食べな🍚


#15 [匿名さん] :2020/12/01 16:12

元飼い猫だったんじゃなかろうか


#18 [匿名さん] :2020/12/01 18:08

らららら〜らららら〜らららら〜♪


#19 [匿名さん] :2020/12/01 19:20

だって猫だもの


#20 [匿名さん] :2020/12/02 12:48

猫は神

唯一種としての成功例やわ